Press "Enter" to skip to content

世界最高級のコーヒービーンであると人気のあるモカは、コーヒービーンの銘柄では一番古く、とくにモカマタリといわれるコーヒービーンは風味、におい、酸味のバランスがとてもすばらしいです。モカコーヒーは甘さが強くて口当たりのよいコーヒーなのでよく売れています。
ご存知のとおりウィンナーコーヒーの発祥というのはオーストリアのウィーンという都市にありますね。ですが、ウィンナーコーヒーという名前は和製英語であるので欧州では使われていません。なので欧州において「ウィンナーコーヒーをください」と注文してもウィンナーコーヒーは出てこないと思った方がよいでしょう。
日本人も大好きなカプチーノではありますが、カプチーノという言葉は、イタリア語でカトリック教会のカプチン修道院の修道士を意味するそうです。カトリック信者が身に着けているフードのついた修道服のカラーがこげ茶色と白色で構成されていたことによってカプチーノといわれるようになったと考えられています。

浅炒りのコーヒービーンを多めのお湯で抽出した抽出液をアメリカンコーヒーと呼びます。タンニンなどがたくさん入っているため酸っぱさはありますが、色合いは濃くなくて味も濃くないので、砂糖やクリープを入れずにブラックで味わうことが普通です。
コーヒー専門店ではその店舗だけで飲めるブレンドコーヒーが人気を呼んでいます。苦さや酸味をバランスよく調和したマイルドな味のものやエスプレッソ風味の濃いコーヒーのようなものが人気が高いです。ブレンドコーヒーは値段も安いので飲みやすいですね。
深炒りのコーヒー豆をエスプレッソマシーンなどで高い圧力をかけて作った抽出液のことをエスプレッソと呼びます。エスプレッソはイタリアなどのヨーロッパの国々でよく飲まれているコーヒーであり、ブレンドコーヒーに比べて味が濃く、香りがきついコーヒーといえます。エスプレッソはほとんどの場合小さなコーヒーカップに入って出てきます。

ヨーロッパで見られるカフェオレですが、持ち手のないお皿のようなカフェオレボウルと呼ばれるボウルを使用して飲むことが普通で寒い日にはボウルに触れてあたたかくしたり、朝食のときにはバゲットやクロワッサンをカフェオレの中に入れて食べたりもします。子どもでも飲めます。
本当はダッチコーヒーと呼ばれるものはイントネシアにおいて作られたコーヒービーンだったのです。オランダ人がこのコーヒービーンを一般的なドリップ式で抽出したところ、その変わった香りやフレーバーが口に合わず、喜んで飲むことができるように改善されて作られたものがダッチコーヒーの由来です。

Be First to Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*