Press "Enter" to skip to content

温暖化とコーヒー

日課と決めてコーヒーを飲み続ける人も居ます。ある意味での健康法と言えるかもしれません。摂り過ぎない以上、コーヒーはちょうどよく人の中枢神経を高めてくれるので、定期的に飲むと心にも体にも効果があると言われています。もちろん生活の知恵のレベルの話ですが、習慣にしてみるといいかもしれません。
元来はアラブ一帯で広く親しまれてきたコーヒーです。そのコーヒーがオスマントルコ帝国の拡大と共にヨーロッパへ渡って、ヨーロッパで花が開いたと言われています。ですが、その文化がアラブの人々にいつから飲まれていたのか、正確な文献は残っていないのです。
生活になじんでいる缶コーヒーですけれども、発祥地は日本であると聞きました。当時のコーヒーメーカーの人が緊急の用事によって飲みかけのコーヒーが残っていたコーヒーカップをテーブルの上に残したまま外に出なければならなくなって、作業中でも簡単に飲めるアイテムとして缶コーヒーを発明したのだといいます。作られた当初はビジネスをバリバリこなす男性がターゲットだったそうです。

多種多様な文化的価値が育っているコーヒーの業界です。カフェと言う文化もコーヒーを抜いては何も語れませんし、コーヒーが主要なアイテムになっているドラマやマンガもたくさんあります。コーヒーは熱帯地域の重要な外貨獲得のツールにもなっています。いろいろな人々が日常生活の支えにしているのです。
風味のよいアイスコーヒーにぴったりなのはアラビカ豆なのだといいます。豆の炒り方の程度は深めで、グラインドと呼ばれる豆の挽き方は中挽きから細かいものがいいでしょう。熱いコーヒーとは異なったアイスコーヒー用にローストされたコーヒー豆を使用すると最高なアイスコーヒーになるでしょう。
わが国でもかなりの頻度で飲まれている飲料ということのできるコーヒーですけれども、風味よく感じられる温かさを調べてみるとだいたい60度ないし70度の間であるみたいです。コーヒーを入れるカップを温めておいてから淹れたばかりのコーヒーを注げばコーヒーの温度が長くキープされるのでおいしくいただけます。

コーヒー飲料にはさまざまなタイプが存在します。産地ごとに区別する場合もありますし、豆の種類でジャンル分けする場合もあると言えます。他にはコーヒー豆の砕き方、コーヒー豆のいり具合で区別する場合もあるほどです。そのような多種多様な組み合わせを自分なりにチョイスして、自分の好みにぴったりのコーヒーを見つけてみましょう。
赤道と平行して上下を走る、北回帰線と南側の回帰線の間でしか栽培できないとされているコーヒーです。その範囲に入らない沖縄でも現代は農業技術の進化により栽培されておりますが、やはり主な生産地は熱帯など暑い地域になっています。アフリカの一部、南米大陸や東南アジア、中南米など暑い栽培地のコーヒー豆が有名です。

Be First to Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*