RPA 情シス

RPAとは、ロボティック・プロセス・オートメーションの頭文字を取ったものです。あらゆる業務を自動化して、企業に貢献することができるシステムです。情シスとは、情報システム部の略で、企業内でのいろいろな業務に欠かせないITを運用する役割を持った部門です。企業によりますが、RPAを導入する際に、どの部署から入れるかを迷うことがあります。そんなときに、まずは情シス部門へ導入をし、実際に使い勝手を試してから、他の部署への展開を考える方法もあるようです。近年では、人間の手だけではなく、AI技術の発展によって、ロボットも仕事ができるようになりました。RPAという言葉は、2016年ごろから広まり始めています。多くの企業が関心を持っているシステムです。大幅な業務の効率化が可能になると言われています。

RPAを導入して、仕事の効率化を図る

RPAとは、ロボットによる業務の自動化です。情シス、いわゆる企業の情報システム部において、導入されることが多く、それから他の部署へと拡大される企業もあるようです。RPAは誰にでもできるような単純作業を、ロボットを使って作業を自動化し、効率化を図るものです。ロボットはデジタルレイバーと呼ばれています。さまざまな業務でも任せられる特性を持っています。ビジネスの中で、最も身近である自動化ツールは、エクセルのマクロ機能です。こちらは自動化するプロセスを事前に設計しておくと、指示通りに自動で計算することができます。このシステムとRPAの違いは何でしょうか。エクセルのマクロが自動化できるのは、エクセルやオフィスのドキュメント内に限られています。しかしながらRPAの範囲は、これだけではないのです。

企業のさまざまな業務に対応などできるRPA

RPAの自動化は、社内で利用されている複数のアプリケーションも含みます。エクセルを使った業務でしたら、データ入力、自動計算、ファイル名の変更、シートをPDF化する、関係先へのメール送信といったプロセスを自動化できるのです。従来ならば、人の手によって行わなければならなかったエクセルの業務も、自動化できる部分が多いのです。企業ではこのようなRPAを、情報システム部門、いわゆる情シスから導入していくところもあるようです。産業用のロボットは、工場で働く人の業務を代行してくれます。RPAは、事務処理、いわばデスクワークの業務を代行してくれるのです。RPAを活用することで、自動化の範囲が広がり、業務の効率化が改善されます。働き方改革が進んでいる今日、労働環境の改善が可能になります。今後ますます拡大していくシステムです。