RPA 情シス

RPA(Robotic Process Automation)とは、人間が行う作業をロボット化、自動化する技術です。事前に定めた作業フローの指示にしたがって、入力や計算、更新、出力などの定型業務を自動で行うことが可能になります。その性質からRPAが活用しやすい業務は以下の特徴を持つ業務と考えられます。一定のルールに従って反復して行われる作業、構造化されたデータを処理する作業、アプリケーションを使った作業、あらかじめ標準化された作業、ヒューマンエラーが発生しやすい作業 などがRPAの導入に向いている業務です。RPAを導入することで、従来は人間が行っていた単純な作業を自動化することができ、人材がより重要で判断が必要な業務に従事することができるようになるのです。このようなRPAの特徴から、様々な分野がある企業の業務の中でも、情シスの業務において最もその効果が発揮されやすいと言えます。

RPAを導入したらどのような効率化が図れるか

情シス業務においてRPAを導入した場合に、どのように効率化が図れるのかを具体的にみていきましょう。例えば、一般ユーザーからの問い合わせやサポートの受付を行うヘルプデスクの業務で導入された場合を考えてみます。仮にユーザーからパスワード初期化の依頼があった場合、人が受け付けた場合は情シス担当者が、対象ユーザーのアカウントのパスワードをリセットし、ユーザーに連絡するという流れで処理がなされます。これをRPAが行えば、ユーザーがチャットにパスワードリセットの連絡をすると自動でリセットを行い、その結果をチャットで返信するだけで済みます。他には、システム管理業務での導入が考えられます。情シスが、毎日のシステム運用の為に定期的に実施する業務が存在します。バックアップやメンテナンス、テストなど様々なタスクがありますが、これらをRPAが行うことにより、情シス業務はかなりの効率化が図れます。

RPAにより情シス業務を効率化するメリット

このようにRPAの導入により、情シスの業務はかなりの効率化が図れるといえます。情シスの業務内容は、RPAの得意分野であり、うまく活用することで、従来は人が行っていた単純作業や定期的なタスクなどを自動化することができ、その結果、人間にしかできない判断を伴う業務に従事する時間を確保することができます。これらは情シス担当者の働き方の改革、改善にもつながるかもしれません。また、ヘルプデスク業務を自動化することにより、問い合わせる一般ユーザーにとっても、時間を選ばず迅速な対応を得られるので、満足感をもたらすことになるでしょう。このように、RPAの導入に成功すると、業務の効率化によるコストカットや、現場の担当者の働き方改善、一般ユーザーの利便性アップなど、様々なメリットをもたらすことになるのです。