Press "Enter" to skip to content

小学校への入学準備にまず必要なランドセル

子供が学校に上がる時、まず準備しなければならないのがランドセルです。
今は、数えきれないほどのデザインや色が揃っています。
男の子は黒、女の子は赤のものが定着していましたが、いまは、男女に関係なく、たくさんの色の中から選ぶことができます。それでも、男の子には、落ち着いたカラーのブルー系やブラック系が人気のようです。女の子には、赤系よりもブラック系やチョコ系、またラベンダー系などが人気があるようです。また、二色使いのものを選ぶ人も増えてきているようです。
デザインも、オーソドックスなタイプから横長のもの、また、ふたの部分が半分の長さになったものもあります。
最近では、2011年の新学習指導要領により、A4サイズの教科書も増えてきましたし、厚みもあります。プリント類もA4サイズが主なので、A4サイズのクリアファイルやバインダーを折り曲げずに入れられる大きさのものが人気が出ています。
素材には、牛革や高級な馬革、クラリーノなどが使われていますが、軽くて丈夫で手入れのしやすいクラリーノが一番人気があるようです。
ブランドのものなども登場し、またキャラクターとコラボしたものもあります。
上級生になっても、安心して使えるような色やデザイン性も大事です。あまりに奇抜で周りから浮いてしまうようなものも控えた方が無難でしょう。
これは、小学校での6年間という長い時間使用する、学校生活の必需品です。
入学したての1年生には、身体の負担も考えると軽量のものが良いでしょうし、安全のために両手をふさがないためには、給食袋や下足袋なども入れられる収納力もあると良いでしょう。また、男の子は、元気いっぱい走り回りますから、丈夫である事も必須条件です。
デザインや色などにとらわれず、機能性の良さで選ぶのがお勧めです。
ブランド品の商品などは、予約の段階で人気が殺到し、品薄になることも多いようです。
早めにチェックをして、予約をしておくのがお勧めです。
ランドセルは、祖父母が、孫が背中に背負って喜んで通学する姿を楽しみに、入学祝として贈ることが多いようです。せっかくのプレゼントですから、子供の気に入ったものを贈ってあげられるように、事前に色やデザインについての好みを聞いておくことが大事です。
価格は、1~2万円のものから10万円くらいのものまでと幅広いようですが、安くても丈夫で機能性の備わったランドセルを選ぶのが賢い選び方といえます。

Be First to Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*