Press "Enter" to skip to content

コーヒ製品いろいろ

コーヒーは飲むだけではありません。コーヒーの味を生かした商品もいろいろと販売されています。例を挙げればコーヒーのゼリーやコーヒーあめがあります。とりわけコーヒーのゼリーは人気の高い食べ物で、夏になったらすごく売れます。あめもかなり人気で、甘さ加減も多種多様に調整がされています。
飲んだ後の刺激が強いコーヒーなので常にもろ刃の剣です。何かを食べた後に口に入れると消化作用を助ける効果・効能がありますし、胃の活動にはいいです。一方胃そのものが弱っている最中にコーヒーを飲みすぎると、成分が強すぎて胃の粘膜が荒れてしまうと考えられています。その日の身体の具合を考えて適度にコーヒーをたしなんでみましょう。
コーヒー豆の焙煎のし方や豆の挽き方によってはコーヒーの苦さは差が出てきます。苦さを少しだけにしたい場合はシナモンローストにして、苦味を増やしたい場合にはフレンチローストにすればいいでしょう。それから、コーヒー豆は細かく挽いた方が苦さが増えるため苦いのがだめな場合には豆は粗めに挽くとよいです。

通常コーヒー豆は工業国では栽培が不可能です。温暖なエリア、農業国で立派に育つのです。そのため、南米のブラジルや東南アジアの国々、中東諸国、アフリカなど赤道上に隣接したような場所で熱心に育てられているのです。そうしたエリアでは主要な農産物としてコーヒー豆が多くの人々の生活を支えてくれています。
善しあしは別としてコーヒーには中毒性があります。ですから一度コーヒーを好きになった人は、そのままコーヒーの中毒になってしまうケースが多いです。コーヒーの中毒者になると、1日に10杯ほど飲んでしまう例も平気であります。そこまで飲んでしまうと当然健康にも良くない影響が出てくるので気を付けてください。
胃に何も入っていないときや胃の弱い人がコーヒーを飲む際には牛乳を加えていただくといいといわれます。というのはコーヒーに含まれる物質が胃の壁を刺激して胃酸の分泌を促してくれるためで、ミルクが胃壁を保護してくれるからなのです。

多くの人に知られているように、酸味の強いコーヒーとしてはキリマンジャロやコナ、コロンビアといったものが代表的ですね。酸味の多いコーヒーを飲みたい場合は味わうときにシュガーを入れるとコーヒーの酸味がいっそう高まりますので一度やってみたらいいですね。
誰にでも何らかの好き嫌いがあるに違いありません。もちろんコーヒーも同じです。好き好む人と毛嫌いする人が混在しています。その中には体そのものが受け付けないという人すら居ますし、酸味が嫌いな人も居ます。甘みが無いと駄目だというような人も当然存在します。刺激も強く味も強烈なので好みははっきりと分かれます。

Be First to Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*