Press "Enter" to skip to content

コーヒーマイスターという資格

大きなオフィスに足を運ぶと、きっと1つはコーヒーメーカーが置いてあると思います。コーヒーメーカーは豆と水道水を機器に入れてスイッチを押すだけです。ほんの数分でコーヒーが出てくる道具です。会社のオフィスに1台置いてあるだけで、従業員がブレイクの時間を使って楽しめるので、素晴らしいリフレッシュのマシンにもなります。
豆そのものの品種によってコーヒーをチョイスする方法もありますが、豆の挽き具合、焙煎の時間でも風味が変わってくるので、その辺の違いを味わっても面白いです。コーヒー豆の包装に、種類、焙煎時間、挽き方の説明があります。考えながら選んでみると面白いです。
すごくコーヒーが好きで飲んでいる人の場合、豆を挽く作業からやっています。そう言ったこだわっている人に欠かせない道具がコーヒーミルになるのです。ミルとは英単語にするとmill、何かの個体を製粉するとの意味になります。文字の通りコーヒーの焙煎した豆を細かく粉砕してしまう器具をミルと言っています。

さまざまな価格帯のあるコーヒーです。当然豆は生きた生の作物を採取して商品にするので、常に値段が変化するのです。とは言え有名なコーヒーショップの販売する商品でも、ワンパックで700円前後と、誰であっても手に入る値段で売りに出されています。
自宅に居てもパッと入れられるコーヒー飲料です。最初は粉々にしたコーヒーの豆を紙のフィルターに入れ、沸騰する寸前のお湯をコーヒー豆にちょっと注ぎます。ちょっと蒸らした後で今度は思い切りお湯を注いでみましょう。ペーパーフィルターの真下にマグカップを置いて、液体を貯めてみましょう。
炒ったばかりの焙煎豆を買うならば独自の焙煎用機械設置してあり好みどおりにしてくれるコーヒー専門店において買うことをおすすめします。待っている間に味わい深いコーヒーをごちそうしてくれたりするところもあります。なお、炒ったばかりのコーヒー豆は風味が安定していないため常温で寝かせてから使用するとおいしいです。

会社に通いながらでもコーヒーマイスターの試験に合格することができます。コーヒーマイスターの認定を受けるためには日本スペシャルティコーヒー協会が主催するカリキュラムの全課程を受講し、資格試験に受かることです。資格を取ると3年間はコーヒーマイスターとして活躍できますが、続けるためには再度申請しなければなりません。
最近では格好いいデザインの包装が増えたので、コーヒーの豆を商品のままプレゼントとして渡しても素敵です。とはいえコーヒーは飲める人も嫌いな人もいろいろ居ます。宗教上の理由でコーヒーを飲まない人も居ます。そうした点に注意してコーヒー飲料をギフトに選んでください。

Be First to Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*